クグロフ

        DSC07792 (266x400)
パンを作り出すと急に思い出すのがクグロフです。

パート・ルヴェのお菓子(発酵菓子)は、レッスンに採り入れにくく、
普段からそれほど作らないのですが、イーストを使い始めると、
作りたくなってきます。

バターを大量に練り込みますので、かなりリッチなパン生地になります。

クロワッサンもそうですが、このようにバターをたっぷり使う生地には
冷蔵発酵が避けて通れません。

なので、12時間、しっかり冷蔵庫で寝かせました。

     DSC07776 (350x233)
パンチを入れて、成型し、型入れして室温で二次発酵させます。

今日のクグロフは、今まで作っていたものよりもイーストの量を
1/4に減らしています。

室温24℃ではなかなか発酵しません。

DSC07784 (233x350)
2時間ちょっとでやっと倍に膨らみました。

ようやくオーブンへ。

      DSC07785 (266x400)
クグロフを作るときは、いつも欲張って2台焼いてしまうのですが、
やっぱり1台ずつ作る方が上手くいくようです。

      
      DSC07729 (233x350)
フィリングは、1年物の自家製ラムレーズンと、うめはらのオレンジカット。

オレンジピールにもいろいろありますが、うめはらのは
焼いてもカチカチにならず、しっとりしています。

1キロ入りは使い切るのがちょっと大変なんですが、
この容器がまた便利なんです。

丈夫で壊れにくく、私は計量の際、粉を入れるのに再利用しています。


      DSC07797 (266x400)
焼き上がったクグロフは、きめが細かく、外はさっくり、
中はしっとりと焼き上がりました。

2~3年に1回くらいしか焼かないので、次はいつ作ることになるでしょう?

    ランキングに参加中です♪ 

関連記事