バゲット

          DSC08477 (266x400)
梅雨入りしたとはいえ、それらしい日がまだあまりなく、
今日も晴天に恵まれましたね。

久しぶりの更新になりました。
いつもご覧くださいまして、ありがとうございます。

今月はレッスンをすべてお休みさせていただいており、
生徒さんにお会いできず、残念です。

来月は元気にお目に掛かれますこと、楽しみにしています。

最近、時々パンを焼くようになりました。

カンパーニュやフォカッチャに慣れてきたところで、
再びバゲットを焼いてみました。

前回、高加水で焼いたところ、固い、クープは開かない、
膨らみが悪い、と散々でしたので、今回は無理をせず、
普通の加水量で作ってみました。

      DSC08472 (233x350)
      二次発酵中。


           DSC08483 (266x400)
すると、今度はクープがしっかり開き、なんとなくですが、
エッジも立ちました!


           DSC08496 (266x400)
リスドゥルを切らしていたので、今回はイーグルに愛用の薄力粉、
特宝笠をブレンドしました。

残念ながら、気泡がポコポコというのとはほど遠いクラムですが、
クラストはパリッとしていて中はしっとり。

また作ってみよう、というモチベーションはかなり上がりました。


           DSC08497 (266x400)
一緒に添えた赤パプリカのスープ。

去年の今頃も何度も作りました。
娘の大好物なのです。

朝、昼、晩、寝る前・・・
あればあるだけ飲んでしまうので、作る方が追いつきません。

そこで、今年は圧力鍋を使って、短時間で作る方法に替えてみました。
これならラクチンです♪

最近、時短になって、かつ味を落とさない調理法をあれこれ考え中です。

お菓子の下ごしらえにはレンジを有効活用しています。

たとえばバター。
パウンドケーキやバタークリームを作る際、
冷たいバターを室温に戻す必要がありますよね。

冬はそのまま置いておくだけではいつまでも固いし、
夏は夏で溶けてしまったり、衛生的にも不安があります。

そこでレンジ。

バター(100gくらい)をラップに包み、レンジの皿に直接のせて、
500Wで5秒。これを2~3回繰り返します。

一気に10秒かけるとアウトなので気を付けますが、
かなりいい状態に戻ります。

あとはさつまいも。
レンジじゃ絶対美味しく加熱できない、と思っていましたが、
解凍キーで試したところ、甘さがグーンと引き出されて美味しく
ふかせました。

そんな感じで今、いろいろ研究中。

この方法じゃないとダメ、この材料じゃないとダメ、
というのは思い込みに過ぎなかった・・・

そんな発見の多い今日この頃です。

       ランキングに参加中です♪ 
関連記事