オーバーナイト

           DSC08576 (266x400) (2)
今日もあいにくの雨ですね。
梅雨らしい天気です。

今朝はカンパーニュを3つ、続けて焼きました。

最近、オーバーナイトで発酵させています。
時間を気にせず、こねるだけこねて1時間ほど室温で発酵させたら、
あとは冷蔵庫に入れて寝られるので、とても楽。

それに、高加水でも生地の扱いがしやすく、
クラムはもっちり、といいことづくめなのです。



          DSC08591 (233x350)
加水量も少しずつ増やし、今は最初の頃と比べて
15㏄ほど増やして焼いています。

加水が増えると何がいいんだろう?
と思いましたが、確かにこっちの方が美味しい。

クラストがパリパリで、クラムに詰まった感じがなく、
みずみずしいのにもちもちしています。

今、250gの粉に対し、水175㏄まできたので、
これからまた5㏄ずつ増やしていく予定です。


パンを作り出してそろそろ一か月。

発酵温度や時間をきちんと守って作る方がいいに決まっているのですが、
適当に許せる範囲でやっているせいか、気が楽で、続いているようです。

例えば二次発酵の際、発酵温度がちょっと高ければ(うちの発酵キーは
最低が35℃なのです)時間を短めに調節したり、今日は眠いから早めに
冷蔵庫に入れてしまいたいな、というときには水温をちょっと高めにして
野菜室ではなく、冷蔵室に入れるなどなど・・・

それでも翌朝には、ほぼちゃんと発酵完了されている様子を見ると、
「イーストえらい!」とほめてやりたくなります。


こんな適当なことができるのも、私がパンをよく知らないからなのだと
思います。

一応、本を見ながら作っているのですが、専門外のこととなると、
自分にとって都合のいい部分だけ拾ってつなぎ合わせ、
自己流レシピにしてしまうところがあり(笑)、
ほんとはこれじゃダメなんだろうな、と思います。

なので、いつかパンもちゃんと習ってみたいのですが、
毎朝焼き立てのパンが食べられるだけで今は十分です(笑)


発酵オーバーになりやすいこれからの季節、
ますますオーバーナイトパン作りにはまりそうです。


         DSC08555 (400x266)

    ランキングに参加中です♪ 
       
関連記事