ドゥー・パティスリー・カフェ 菅又シェフ講習会

        DSC00070 (263x350)
クオカスタジオで行われた、ドゥ・パティスリーカフェ
菅又シェフの講習会に参加してきました。

菅又シェフのお菓子、一度食べてみたいと思っていたので、
楽しみにしていました。

教えていただいたのは、
夏のヴェリーヌとマドレーヌの二品です。

マンゴージュレとココナツジュレ、クレームマンゴー、
パッション・マンゴーのジュレの4層からなるヴェリーヌが
絶品でした。

こんなに美味しいグラスデザートは初めてです。
来てよかった~、と思いましたよ。

まず感動したのはそのなめらかさ。
単に柔らかいのではなく、すくったときにそれぞれのパーツが
混ざり合わない絶妙な固さなんです。


       DSC00034 (263x350)
この辺りがシェフのこだわっていらした部分だったそうで、
おっしゃった言葉の意味がよくわかりました。

と同時に、自分がヴェリーヌのつもりで作っていたものは、
いったい何だったのか?

ケーキ仕立てにもグラス仕立てにもどっちにも転べそうな、
ただのグラス入りスイーツとは一線を画す、
グラスのためのデザートだと思いました。


           DSC00059 (263x350)
マドレーヌは、これがまたしっとりさっくりとした
絶妙な食感で、マドレーヌってこんなに美味しいもの
だったんだ~、と感動。

シェフのお話しを伺ってから食べると、目指すところを
きちんと決めていらして、それを忠実に再現される方なのだな、
ということが伝わってきます。

菅又シェフはおちゃめなところのある方で、
「静かすぎて緊張するな~。」などとおっしゃりながらも
ジョークを飛ばされたり、質問に一つ一つ丁寧に時間をかけて
答えてくださったりで、会場は大変和やかなものでした。

こういう講習会は、講師の方の雰囲気がそのまま会場の
雰囲気になると思うのですが、今まで受けた中でも
一、二を争うくらい楽しく、充実した講習会でした。

今回はラ・フルティエールさんのフルーツピュレが使われ、
マンゴー、パッション、ココナツの甘い香りに酔いしれました。
帰りにはココナツピュレのお土産までいただき、大満足!


クオカさんの講習会はこれで4回か5回目になりますが、
内容の充実度はもちろんのこと、スタッフの方々の気配りが
素晴らしく、毎回気持ちの良いひと時を過ごさせていただいています。

スタジオを新しくされてから、その充実度がますます
バージョンアップ。

時間も2時間前後ですので、気軽に参加できるところもいいですね。


今月、来月は講習会をいくつか梯子する予定なので、デジカメを新調。

ついつい写真を撮る方に気を取られがちですが、
せいぜいこちらにアップした画像を見るくらいで、
案外後から見ることは少ないので、レッスンそのものに
集中しなくては、と最近になって思いました。

         
              DSC00022 (350x279)

    ランキングに参加中です♪ 
関連記事