紫芋のアイスと柿のプリン

          DSC01235 (266x400)
連休最終日のおやつです。

まずは紫芋のアイス。
近所のスーパーに行ってみると、なぜかサツマイモの
種類がすごいことになっていました。

金時だけでも五郎島、鳴門、坂出金時の3種類、
ほかに紅東、紅はるか、紅こがね、紫芋、安納芋・・・

名前を覚えきれませんでした。

そんな中、箱がほぼ空になっていたのが安納芋。
やっぱり人気なんですね。

袋に詰め放題で売られていたので、いくつか買ってきました。

さて、このお芋で何をつくろうか、と思っていたら、
娘が「アイスを作って。」と言ってきました。

先日食べた、ハーゲンダッツの季節限定商品「紫芋」
が美味しかったらしいのです。

「ジェラートでいいよね。」と
楽なほうへ話を進めようとしたら(笑)、
「ジェラートじゃなくてアイスクリーム!」
と強く言ってきます。

仕方ないので、アイスに予定変更です。

まず芋を蒸してつぶします。

        DSC01227 (266x400)
さすが紫芋!
色の美しさに、テンションが上がります!

そこへアングレーズソースを加え、
ミキサーにかけてアイスの素を作り、冷凍庫へ。

芋の粘質性のせいか、すぐに固まりました。

これをフードプロセッサーで撹拌すれば出来上がりです。

最初の鮮やかな色からはずいぶんかけ離れてしまいましたが、
ねっとり濃厚な口あたり。

ちょっと芋の量を欲張りすぎたかな・・・

いつものごとく、「アイスよろしくね。」
と言い残して出かけてしまった娘の感想を聞くのが楽しみです。


           DSC01187 (266x400)
さて、こちらは柿のプリン。

冷蔵庫の隅で完熟を超えそうなほど熟していた
柿を見つけ、慌ててピュレにしてみたものの、
何を作ろうか・・・?

そうだ、プリンを作ろう!

といってもこれは不思議なプリンなのです。

材料は柿と牛乳だけ。

両者をひたすら混ぜるだけで、ゼラチンも何も入れなくても
自然に固まってくるのです。

柿渋(柿タンニン)に強いたんぱく質凝固作用があるため、
牛乳と混ぜると固まるんですって!

固まり方もすごく自然。
ブリッとした感じがなく、マンゴープリンのように
ゆるく固まりました。

柿の熟し加減に応じて砂糖を加えたり、
好みでリキュールを入れてもいいですね。

柿は私以外、家族の好物なので喜ばれました。


         DSC01192 (266x400)
私が好きなのはやっぱり粉もの。

来月発売される本は焼き菓子がテーマなんですが、
スコーンもかなりたくさん載っています。

その中からのアレンジで、コーヒー風味の生地に
バナナを挟み込んだカフェ・バナーヌを作りました。

サイズはあえて小さめに。

1つじゃ足りなくて2つめに手が伸びたとき、
大きすぎるとどうしようか迷いますよね。

私の場合、半分にしておくっていうことができなくて、
結局2個目も完食してしまい、あとから後悔(?)
することが多いんです(笑)

日持ちのする焼き菓子は、食べたいときに食べられるよう
多めに作っておく、というイメージがありますが、
本の中のお菓子は、どれも作り置きする必要がないくらい
簡単なものばかりです。

           DSC01220 (266x400)


      ランキングに参加中です♪ 
関連記事