いちじくのアントルメ

          DSC01448 (266x400)
今月に入ってからずっとパイまたは焼き菓子を
作っていましたので、久しぶりのアントルメです。

そろそろいちじくの季節も終わりますね。

最後はムースで。
これは以前、応用クラスのレッスンでご紹介した
「イスタンブール」というアントルメのアレンジです。

まず、いちじくを赤ワイン煮にするところから始めます。

生のいちじくをムースにすると、青臭さが出てしまって、
それがあまり好きではありませんでした。

赤ワインとスパイスで煮て、一晩寝かせると
デザートにぴったりなコンポートになり、
それをミキサーでつぶしてピュレにし、
ムースを作ります。


          DSC01465 (266x400)
「すごい、いちじくの味がする!」
との感想をいただきました。

それもそのはず、ムースに中にもいちじくが入っており、
ビスキュイには煮汁を十分にアンビベしているので、
どこを食べてもいちじくなんです。

ペクチンでゆるく固めた煮汁もソース代わりに。

直径15㎝の小さなアントルメに、いちじく1パック(5個入り)
を丸ごと詰め込みました。



日本はフルーツの旬があっていいですね。
名残惜しいですが、また来年。

      ランキングに参加中です♪ 
関連記事